IntelliJ IDEAでPythonの開発環境を構築する

Keywords

  • IntelliJ IDEA
  • Python

Contents

  • 1. 前提
  • 2. ディレクトリ作成
  • 3. IntelliJ IDEAでProject Structure起動
  • 4. Python SDKの追加
  • 5. 仮想環境作成
  • 6. IntelliJ IDEAで開く
  • 7. 仮想環境やインタープリタを実行環境として設定
  • 8. Python実行
  • 9. Module設定
  • 10. ライブラリ追加
  • 11. 参考URL

前提

  • IntelliJ IDEA 2020.1 (Ultimate Edition)
  • Python 3.9.1

ディレクトリ作成

事前にIdeaProjects直下にディレクトリを作成しておきます。本稿では、statistics-exerciseというディレクトリを作成しますが、名前はなんでも構いません。

$ pwd
/Users/naokimachida/IdeaProjects
[email protected] IdeaProjects
$ mkdir statistics-exercise

IntelliJ IDEAでProject Structure起動

IntelliJ IDEA上で[⌘]+[;]を押下し、Project Structureを起動します。

Python SDKの追加

[Platform Settings]-[SDKs]を選択し、[+]をクリックし、[Add Python SDK...]をクリック

[Add Python SDK...]がない場合は、Pythonプラグインをインストールしてください。

仮想環境作成

[Virtualenv Environment]を選択した状態で、仮想環境を管理するパス(Location)とPythonインタプリタ(Base interpreter)を指定して[ok]をクリック。 なお、できるだけ他の環境との依存関係を持たせたく無いため、[Inherit global site-packages]と[Make available to all projects]にはチェックしません。

IntelliJ IDEAで開く

[Open or Import]をクリックして、[statistics-exercise]を開きます。

その後、venvディレクトリが作成されていることを確認します。

仮想環境やインタープリタを実行環境として設定

[Add Configuration...]をクリック。

[+]をクリックし、[Python]をクリック。

適宜、入力します。

ここでは、下記の通り入力しています。

  • Name: Run
  • Script Path: /Users/naokimachida/IdeaProjects/statistics-exercise/sample/main.py ※存在しなければ、作成しておいてください。ここでは、sampleディレクトリの下に作ってますが、statistics-exerciseの下につくっても問題ありません。
  • Python interpreter: [Use specified interpreter]を選択し、先ほど作成したSDK(+仮想環境)を選択

Python実行

この実行ボタンをクリックすると、/Users/naokimachida/IdeaProjects/statistics-exercise/sample/main.pyのPythonスクリプトコードを実行できます。

Module設定

このように[No Python interpreter configured for the module]と表示されたら、[Configure Python interpreter]をクリックします。[⌘]+[;]をクリックして、[Modules]をクリックして、[Dependencies]タブをクリックすれば同じ画面に遷移します。

そして、[Module SDK]にて、先ほど作成した仮想環境やインタープリタを設定して[OK]をクリックします。

ライブラリ追加

IntelliJ IDEA上で[⌘]+[;]を押下し、[Packages]タブをクリックすると、pipとsetuptoolsしかありませんが、下にある[+]ボタンをクリックするすると、ライブラリの追加が可能な画面に遷移します。

requirements.txtにライブラリの一覧を書き出すにはIntelliJ IDEAのTerminalにて、pip3 freeze > requirements.txtを実行します。(仮想環境に切り替わっている状態で実行する必要があります。)

参考URL